投与するタイミング|あのおそろしいフィラリアもストロングハートでしっかり守れる!

投与するタイミング

たくさんの錠剤

実際にもしフィラリアによって大事な犬が感染されてしまったら、どんな結果が待っているのか?
フィラリアはしっかり犬の体内に侵入し、心臓などのいたるところで卵を産むようになります。
つまりそうなると体内中にフィラリアが生息するようになるので、当然犬は正常にはいられなくなり最終的には亡くなってしまいます。
まさにフィラリアのすみかとなってしまうわけです。
だから圧倒的に他の寄生虫よりも凶悪で怖い存在だと断言できます。

ではそんなフィラリア症はどうやってその感染を見抜いたらいいのか?
まずおそろしいのがフィラリアの感染にはなかなか気づけないというところ。
実は感染した直後だと特になんの症状もあらわれないようになっているので、見た目では一切判断ができないわけです。
そのためフィラリアに感染していることを知るまでに数カ月以上時間がかかるケースも全然あります。
ただ場合によってはストロングハートを使ってもすでに遅い状況に陥っていることもあるので、とにかくかかってるかどうかわからなくても投与を始めること。
ただし犬の体調次第でストロングハートがきつい場合もあるので、一番最初は病院でみてもらうべきです。
そこからストロングハートの使用をはじめれば問題ありません。

ちなみに初期症状としてよく咳を出すことが多いので、この段階からストロングハートを使ってもしっかり予防できます。
むしろここから悪化したあとではフィラリアが成虫になりかけている可能性があるので、遅くても咳き込んでいるタイミングで投与することです。
ここまで理解できればもうばっちり対策できるでしょう。